いじめられっ子がファッションに生き甲斐を見つけたストーリー

ファッション と チーズケーキ と 清水翔太 で "私" が 構成されています 。

サンローランから学ぶイジメ脱出法

おはようございます。

 

今日は Yves Saint Laurent について、少し書こうかなと思います。

 

f:id:iammaaya:20170510075024j:image

 

 

いつだったか、忘れましたが、サンローランの映画を見たときに、彼が ゲイ であったことを知りました。

 

まあ、なんとなくそんな気はしていたので

特に驚きませんでしたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

私はてっきり、サンローランはパリの出身だと思っていましたが、違いました。

 

 

彼は、アルジェリア出身だそうです。

当時フランスの支配下に置かれていたアルジェリア独立戦争を起こし、サンローランへ徴兵通知を出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいや、サンローランが戦争とか似合わなさすぎて、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2週間で、神経衰弱になったそうですね。

 

 

 

 

しかも、

 

 

 

 

パリに帰ると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディオールからの解雇通知

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんで、こう、天才にはいつもとてつもない災難が訪れるのでしょうね、、、

 

 

 

 

 

 

サンローランは、19歳でディオール社に入社し、ディオールも、観客さえも、

後継者は彼だと思っていた。

 

 

コレクションの際には、皆がサンローランに注目し、ディオールの話に耳をかさなかったという。

 

 

 

 

 

 

 

イヴ・サンローラン社が設立されるまでに

 

サンローランの奮い立たせたものがある。

それは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若者の力 

 

 

 

 

ディオールが衰退時には

ミニスカートが流行した。マリークワント、クレージュなどのブランドが流行り出し、

社内恋愛ってさ。

おはようございます。今日で9連休というゴールデンすぎるゴールデンウィークも終了してしまいますね、、

 

 

 

そんな今日は 社内恋愛という

 

割とどうでも良いことについて

書こうかなと思いまして。

 

 

 

 

 

社内といっても、ただのバイト先なんですが

 

以前働いてた居酒屋でも

 

今のバイト先でも

 

いるんですよ、、高校生みたいな恋愛をしている人たちが、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男 : 17 歳

女 : 25 歳

 

 

 

 

なんですけどね。

 

 

いや、いいんすよ!?

歳の差は別に!?

 

いいんすよ!?

高校生と付き合おうが!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事くらいちゃんとしてほしいんすよね。

 

 

 

 

 

 

これが一番ウザいんです。

 

 

まあ、とにかく、ほんとに仕事しなくなりますよね。

 

でも、不思議なことに当人2人は

 

気づいてないんですよね。

 

お互いを 味方 だと思っているから

 

 

 

 

もう、なんでもし放題、、、

 

 

2人で休憩に行って2時間くらいでてこないことなんてしょっちゅうですし、

 

夜は飲みに行って、次の日、無断欠勤。

 

 

 

 

 

ここまで、くると

 

野放しにしてた私たちが悪い と思うようにもなってきますが、

 

女の人は、

 

ええ人 なんですよね。

 

 

後輩をよく可愛がってくれる人で

 

色々とお世話にもなってるんです。

 

 

 

まあ、その男の子との恋愛も

後輩 先輩という関係の延長線上のようなものですけど。

 

 

 

 

 

 

それで、また、ややこしいのが

 

 

 

 

隠してるんですよね。付き合ってることを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいや、バレてますけど!?!?

 

 

 

 

 

 

 

 

むしろ、見せびらかしてるじゃないっすか!?!!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気づいて欲しいのか

 

 

 

 

 

気づいて欲しくないのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どっちなんだい!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、まあ、みんな、見て見ぬ振りをしてる訳ですよ。

 

 

 

 

 

てか、すごく、身内ネタというか

プライベートの話になってしまったんで、

 

 

" 社内恋愛 " というものについてだけ

 

話を進めると、

 

 

 

 

 

 

恋愛 は自由だから、すれば良いとおもうんですよ。

 

 

 

ただ、結果的に仕事にも、従業員にも

 

良い結果はでない

 

 

ですよね。

 

 

 

 

実際、学校の先生同士で付き合って結婚とか

 

よくあるので、一概には言えないかもしれないですが

 

 

 

社内恋愛禁止 と いう 言い分も

 

身に染みてわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、永遠の愛だとか

 

そういう生温いものに興味がない派なので

 

どうしても、辛口になってしまうんですけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛 " というのは

 

ほんっっっと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面倒っすね。

 

 

 

 

 

 

では、今日もバイトに行ってきます。

 

 

 

 

 

 

f:id:iammaaya:20170507093611j:image

 

 

 

        

 

 

                                                     

                                                    DAYS

大学生のイジメ?

大学での、イジメって

 

あまり聞かないんですけど、

 

 

実際どうなんでしょう??

 

 

 

 

 

 

現役大学生的には 

 

 

 

目に見えるイジメはないが

 

中学生の延長線上みたいな

仲間はずれにするようなものは、

よく目にしますね。

 

 

 

 

まあ、大学ってほんと色んなやつがいるんで

高校の時イジメられてたって

超オタクのコミュ障だって

 

1人は友達作れると思うんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、私は大学に友達1人もいません\(//∇//)\❤︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、別にイジメられてる訳ではないんですけどね。

 

挨拶する子もいるし

 

私のファッションを好きでいてくれる子もいるし

 

 

 

 

 

ただ

 

 

 

自分が 友達 だと思える人は

 

1人もいないね ってことで、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これって、イジメられたことのある人あるある

 

 

なのかもしれないけど

 

 

 

 

人の気持ちに超敏感なんですよね。

 

 

例えば、

昨日、ゼミの飲み会があって

 

先生込みの35名くらいで居酒屋にいったんですよ。( まじで行ったこと後悔してる )

 

 

 

 

最初は、まあ、初対面の人が多いんで

 

席ごとに、料理つつきながら、

自己紹介していく感じでして、

 

 

 

徐々に共通点を見つけて盛り上がっていく訳ですよ

 

 

隣の席を見てみると

 

 

 

 

 

 

 

 

めっちゃ、サブカルで盛り上がってる!!!!!!!怖

 

 

 

 

 

 

 

そうやって、周りを見てると

 

 

あれ?あの子ご飯食べてないなぁ とか

 

あの人帰りたそうだなぁ とか

 

 

気づいちゃうんですね。癖で。

 

 

 

もっと言えば、

 

 

 

話してる時に

 

あ、今嘘ついたな

 

とか

 

この話はタブーだなとか

 

分かっちゃうんですよね。

 

 

 

 

 

 

それってどうなの? 

 

てちょっと自分でも思うんですけど。

 

気づけたところで、

うまく、質問して

うまく、沈黙をかわして

うまく、その場を凌ぐことしか

 

 

 

できないんですよね、私。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嫌いな人と喋る必要性ってある?

 

 

 

て思ってたんですよね、ずっと。

 

でも、社会にでればそうもいかないわけで、

 

 

だから、大学生活中に

 

コミュニケーション能力というか

 

 

 

嫌いな人の好きなところを、見つけられる人間になりたいなぁ、と

 

 

最近思いました。

 

 

 

 

f:id:iammaaya:20170426210704j:image

 

 

 

今日の洋服は、髪の毛ととてもマッチしてて気に入ってます〜〜〜〜

 

Calvin Klein のジャケットは、もう、今日で着納めかな(´・ω・`)

 

 

 

 

 

                    

 

 

 

 

 

 

 

                                                        milk tea

 

赤髪 から 紫髪 に 。

 

f:id:iammaaya:20170423220019j:image

 

真っ赤っか から

 

 

f:id:iammaaya:20170423220052j:image

 

紫色に〜〜〜〜

 

 

前髪パッツンも飽きたので、今回はあげてみました。 80年代感が漂ってて個人的に気に入りました( ゚д゚)!❤︎

 

 

 

 

ちなみに、どっちも、私服です。

 

 

毎日こんなんだからね、

 

電車乗ってる時、誰も隣座ってくれないんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひどくないすか!? 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私って、ギャルでもないし

 

ゆめかわいいタイプでもないし

 

 

どのカテゴリにも属さない感じが

 

みなさん、怖いらしいんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分では、

 

自分の好きなものを 好きなように着てる

 

ていうだけの感覚なんですけどね

 

 

 

 

全然受け入れてもらえないんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

就職活動だからスーツ着ないとダメ?

 

クラスのみんなが黒髪だから派手な色はダメ?

 

着物は私服で着たらおかしい?

 

 

 

 

すごく、ダサいと思う。そういう考え方。

 

 

 

 

いまは、外でどんな視線を受けても

 

何も感じないし、

 

 

あ、この人は私みたいな個性が欲しいんだな!ふむふむ!

 

って、超ポジティブに考えるんですよ。(バカだけど)

 

 

 

 

 

 

いじめられっこ成長しましたよね。

 

 

 

昔の私が、今の私をみたら

 

とても喜んでくれると思うんだ。

 

 

 

 

 

 

他人の視線ばっかり気にして

 

自分の噂話をされるとビクビクして

 

 

そんな私はもう居なくて。

 

 

 

 

ファッションだけに限らず

 

 

自分の好きだと思うものに 

 

 

夢中になるってことは、

 

すごく、大切なことだと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、変われるってことです。

 

 

ということで、

 

今日は、この辺で。

 

 

 

 

 

                                             Bye x Bye

一番 ひどかった イジメは 中学時代

はじめまして。

 

茉亜弥 ( マアヤ ) と申します。

 

ちなみに、キラキラネームじゃないです。゚(゚´ω`゚)゚。 漢字をいつも読んでもらえなくて、寂しかったりします。。゚(゚´ω`゚)゚。

 

 

 

今思えば

名前でも、よく、イジメられましたね…

 

 

 

振り返ってみれば、

 

幼稚園の時には、もう、

 

 

 

ミツバチマーヤ 」 って

 

 

からかわれて、泣いてたような(´-`)

 

 

 

 

幼稚園、小学校、中学、高校

 

イジメられなかった時期は

 

なかったかな〜〜。たぶん。

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな、何でそんなに、イジメるんですか!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

という、素朴な疑問 。

 

 

 

 

 

 

で、今日は、

 

中学時代のお話を。

 

 

小学校の時は、

 

中学に行けば、この空間から解放される!!

 

 

って、思ってた訳ですよ。

 

 

 

 

 

それが、そういう訳にもいかず、

 

1年生のときに

 

( アホらしすぎる理由すぎて、もう、忘れてしまったけど ) 

 

すーぐ

 

 

イジメられた よね ★★ (´・ω・`)( ◠‿◠ )( ◠‿◠ )(๑╹ω╹๑ )(๑>◡<๑)(//∇//)

 

 

 

 

 

中学生が考えることなんて超単純で

 

① 無視

 

② 噂話

 

③ ラクガキ

教科書、机、ロッカー、全部ボロボロだったな〜〜〜〜 ハハハ

 

④ 暴言 

生きてて 死ね って何千回と言われてきたけど、生きてます、いま (笑)

 

⑤ 待ち伏せ

帰り道に、何回待ち伏せされたことか…

 

 

 

と、まあ、王道なのは、こんな感じですね。

 

 

 

 

バレーボールしてたんですけどね、

 

 

 

してなかったら、多分、私自殺してたと思うんですよね 。( 割とまじで )

 

 

 

こんなに、自分はバレーが好きなのに

 

好きなものを置いて、

 

どこかに行くのはフェアじゃない!!!

 

と思ったんですよね。ガキンチョながらに。

 

 

 

 

 

 

これって

 

すごく大切なことだと思うんです。

 

 

好きなもの を

 

嫌いになる必要なんてないんです。

 

 

 

 

好きなもの に

 

逃げたって良いんです。

 

 

 

その時は、もう、とにかく、

 

 

家に帰って、

 

 

ひたすら、明日 に 怯えて

 

 

朝がきたら、

 

とにかく早く1日が終わることだけを願って

 

 

 

 

 

逃げ場なんてないって思ってたんですけどね

 

 

 

好きなものを見つけた瞬間

 

 

そこに居る自分って

すごくキラキラしてるのが自分でもわかって

 

 

 

 

 

初めて

 

あ〜〜生きててよかったな

 

 

って思うわけ。

 

 

 

 

そう。コレを見つけたら勝ちだと思うの。

 

 

 

誰かに 相談 しなさいね

 

 

は、ダメなの。

 

 

好きなものを

 

自分だけの世界を

 

見つけるのが

 

 

イジメの脱出方法 だと思うんです。まあやは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういうわけで、

 

いまは、バレーボールじゃなくて

 

ファッションの世界で生きてますけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は、カフェ🍰→ネイル💅でした。

 

 

 f:id:iammaaya:20170422234811j:image

 

f:id:iammaaya:20170422234618j:image

 

 

                                              GOODBYE