チベットのある生活

やっと"本気"に出会いました。

○○難民

 

難民ニュースを見るたびに

日本はいつ難民の受け入れ体制が整うのかな?

と考える。

 

そりゃ、難民受け入れが進めば良いと思ってるけど、10年やそこらでは、変わってないだろうなぁと思う。

 

政治関係、近代史の本を読むと

結構な確率最後の章は日本の難民受け入れについて書いてあるんだけど(なんでかは知らん)

 

大方の著者は難民を受け入れてからの管理が大変だと、言っていた。

 

私は、日本人の特徴の一つとして

「責任を転嫁する」という癖があると思っている。

 

つまり、難民受け入れ後

必ず何かの事件、詐欺、違法商売、路上での喧嘩など起こると思うが、

その加害者が、難民として日本に来た方だった場合、この政策をとるべきでなかったと世論が言い始めるだろう。

 

たまたまそのニュースを見た人は

「難民」「悪」だと決めつけるだろう。

 

そして、日本がこうなってしまったのは

難民を受け入れてからだと、

日本の現状の責任を総理ではなく、難民に押し付けるようになるのではないか?と

私は恐れている。

 

Searching for Syria

 

このホームページ今日知ったんだけど、

見やすくて、凄く良かった!

 

で、署名をするという選択ボタンを押して

色々みていたら、コノ文を見ててえ?

ってなった。

f:id:iammaaya:20180813013939j:image

 

 

4811人って少なくね?

 

だって大学まわっていったら集まりそうじゃない??

まあ、確かにこの大学3年間外で難民の署名活動してる人見かけたことなかったなぁ・・・

 

 

で、

 

若い子がよく使う、○○難民

台風で電車が動かない時は「帰宅難民」

(てか、ニュースキャスターも言ってるよね?)

 

お母様方が悩むお子様の「塾難民」

 

成人式の為に予約しようとしたら既にいっぱいで「美容院難民」

 

調べてみたらかなりあった難民ワード

 

そして、あるページにはこう書いてあった

 

 

○○難民にならないように、早めに情報を集める、早めに予約を入れる、お目当ての商品は店頭から消える前に早めにストックですね。
難民回避の秘訣は、“早め、早め”がポイントですね

 

日本人って自分が○○難民にならない為には凄く敏感なのに、本当の難民の存在には疎いんだね。

違和感感じてるの私だけですか?

 

テレビでシリアの難民のニュースが放送される以上によく聞く、○○難民

 

今日テレビから聞こえてきて

なんだかモヤっとした。

 

あ、上記に貼ったホームページ

3分くらいで、難民についてが分かるようになってるので、ぜひ、とんでみてください。

 

 

 

 

 

 

                                                         Maaya

 

マイノリティとは。

少数、少数派

 

マイノリティという言葉を、最近良く耳にします。

 

 

自分の生き方、考え方、見た目全てにおいてマイノリティだと言われることがほとんどですが、正直、多数派に合わせようとしたことは一度もありません。

 

マジョリティの方がダサくね?

 

て、荒ぶってました。

 

 

そして、

「マイノリティ」な人と一緒にいると

自分も悪口を言われるからと、周りの人は離れていきました。

 

しかし、時と共に、この「マイノリティ」は

 

ある一定数の人には、羨ましいものへと変わります。

 

私のことをいじめていた人間も

偉そうに人生経験を語っていた先輩も

 

「 まあやのように、好きなことをして生きたい 」 

 

と言ってくるようになりました。

 

しかし、彼らは、結婚を選び、

縦社会で働くことを選び、

どうやって平凡を手に入れるかに重きを置いたのです。

 

そして、他人を羨ましく思う頃にはもう、後戻りできない人生のターニングポイントに立っていたのです。

 

私が彼ら、社会から受けた言葉により感じたことがあります。

 

それは、何故、

多数派の方は少数派を「弱者」だとみなすのか、ということです。

 

私は、皆が右に進む道を左に進む度に、大人から馬鹿だと、可哀想だと言われてきました。

 

なぜ、人と違う部分があれば、劣っていることになるのでしょうか?

 

政治では、少数派の意見は全く聞かず、

それに続く日本社会では、

多数派に進むことが正しい道だとされ、

寄り道することは許されず、

少数派はハブかれていきます。

 

 

このマイノリティに優しくない社会は、民主主義だからなのでしょうか?

小さい頃から、多数決で物事を決めてきた私たちは、どこかで、少数派の意見は間違っているのだと、教わってきたのでしょうか?

 

 

 

f:id:iammaaya:20180731225129j:image

 

今日、大好きなチベット本読んでいる時に

少数民族を表す単語で minority group とあって

マイノリティについて考えてみました。

 

                                  

                                                          Maaya

 

 

 

「日中友好」という幻想

 

最近、ペマ・ギャルポさんという方が書かれた、

「祖国を中国に奪われたチベット人が語る侵略に気づいていない日本人」

という本を読みました。

 

とにかくチベットのことを調べるために、「チベット」「中国」等のキーワード検索でHITしたもののなかから、気になるものをAmazonより購入しました。

Amazon CAPTCHA

 

この本で初めて知ったこと

 

 

1949年中華民国成立後すぐに計画された、チベット侵攻中国共産党軍がどのように、侵攻していったのかだけではなく、中国の巧みな政治戦略についても詳しく書かれています。

 

 

私は、高校時の夢は「日中関係を改善させること」でした。理由は単純ですが、何故隣国と仲良くできないのか、日本にも中国製品が溢れているのに何故ニュースでは悪口をいうのか疑問に思っていたからです。

 

自分の将来の夢を聞かれる度に、呪文のように「日中友好」だと唱えてきました。

しかし、この本を読み終わり感じたことは、そんな幻想をいつまでも抱いていると、日本列島も侵略されかねない、ということです。

 

果たして、日本の政治家でこの危機感を持っている人はいるのだろうか?

 

最も共感した文を紹介します。

 

国際社会の常識では"友好"とは、国家間の相互の関係が友好であることで、日本の側が友好的であれば、相手国も自然に友好的になるわけではない。特に、お互いの間に配慮の関係がないとき、一方的に日本の側が妥協したり譲歩したりしても、それは友好をもたらすよりも日本側の弱さを示すことにしかならない

 

 

つまり、日本は武器をもたない!平和が一番だ!と叫んだところで、北朝鮮がミサイルを廃止するわけでも、核兵器所持国がそれを捨てるわけでもないということです。

 

これを読んだとき、言語の勉強を日中友好の為だとほざいていた自分をこの上ない馬鹿だと思いました。

まさに日中友好という目標は、安倍政権の逃げ腰政策の表れであるのではないかと感じました。

 

 

次に知りたいこと

 

 

この二つです。大東亜会議については、書かれている本が少ないらしく、まだ探していませんが良い本があるのか分からない段階です。

(オススメがあれば教えてください)

 

 

f:id:iammaaya:20180726103658j:plain

 

 

 

                                Maaya